FB-科目ロゴ 2018

機能的で美しいユーザーインターフェース

究極的にシンプル、美しく、尚且つ使いやすい。

 

法学体系と同じメニュー構成

これまで、ヘッダーには無数のメニューが並んでいましたが、これを講学上の体系と同じように配置にしました。 例えば、「行政法」にマウスポインタを当てると、「行政法論」 「行政手続法」 「行政救済法」 「地方自治法」 と自動で表示されます。 更に、「行政救済法」にマウスポインタを当てると、「行政不服審査法」 「行政事件訴訟法」 「国家賠償法」が表示されます。(下図参照) 

 

*クリックで拡大

2017-vimala-menu1

 

 

同じように、「民法」にマウスポインタを当てると、「総則」 「物権法」 「債権法」 「家族法」 と表示され、債権法にマウスポインタを当てると、「債権総論」 「債権各論」 が表示されます。 更に、「債権各論」から、「契約法」 「事務管理」 「不当利得」 「不法行為」 と分岐します。 この「体系メニュー」仕様によって、講学上の体系を自然と覚えることができます。

 

*クリックで拡大

2017-vimala-menu4

体系がサイトメニューに組み込まれているということです

つまり、この体系メニューは、以下の体系図をそのままサイトメニューに取り込んだようなものです。

このことにより、「債権各論が債権の発生原因」 と聞いてすぐにピンくるし、それは、「契約・事務管理・不当利得・不法行為」 と出てきます。 覚えるとか、暗記するとかではない、「常識化」です。 また、契約法と物権法を同列に考えたりすることもなくなります。 案外、講学上の体系を理解していない受験生は少なくありません。 *暗記ではない常識化についてはこちらの動画をご確認ください。

%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%b3%95%e3%80%80%e5%85%a5%e9%96%80%ef%bc%92

 

 

美しさも備える

当然、美しさにも拘っています。 美しさと機能は、ある面において相反するものですが、機能を充実させながら美しさにも最大の配慮をしました。 Vimala塾は、行政書士試験合格のみならず、開業するための塾だからです。 サイト、パンフレット、名刺に至るまで、美しさを意識して頂くためです。 (もちろん、美しさといってもその捉え方は千差万別なのですが。)

 

2017-vimala-menu5

 

 

 

もちろん、スマホ・タブレットにも対応

placeit3

フレキシブルデザインですから、スマホ・タブレットにも対応しています。