そもそも条文を読んだことはありますか?

条文に弱い。 その理由は簡単です。 条文を読む時間(触れる時間)が圧倒的に足りていないからです。 

 

placeit3 

あなたは根拠としての条文をほとんど知らない

市販の参考書や予備校のテキストの問題点は、ズバリ根拠条文が掲載されていないことです。 このことは、将来開業しようとしている受験生にとっては致命的です。 〇〇の根拠として、「本に書いてあった」というのでしょうか? (試験勉強をおいて、法学についていえば、要素と成り得るのは、条文・判例・学説の3点しかありません。これはまた別の機会に) テキスト本等が分かりやすく解説しようとしているのは良いのですが、根拠条文が掲載されていなければ価値がありません。 かといって、毎度六法を引くのは手間ですし、試験として考えれば省略したい部分でもあります。 ということは、テキストは条文・判例を中心にまとめられているものを使うべきということになります。   

 

 

レジュメ2018

要点を整理 六法は不要

VLMのレジュメは、要点を整理しコンパクトにまとめています。(といっても結構な量になりますが・・) 必ず条文を参照しています。 いちいち六法を引く必要はありませんので、時間を短縮できます。 判例についても、結論だけ覚えれば良いもの、沿革から知っておくべきもの等を選別し、試験対策としては完璧に網羅しています。 また、ビジュアルで理解できるように体系的図解も多く取り入れています。 これにより、おのずと条文を読むクセがつきます。

 

 

検索機能 しおり機能付

VLMのレジュメは、検索機能・しおり機能付です。 紙媒体と違い、ワンクリックで目的ページを確認することができます。

 

 

印刷 (紙媒体へ)

お持ちのプリンタでプリントアウトしてもレイアウトは崩れません。 冊子印刷は1枚で4P分になりますから、用紙やインクの節約にもなり、見栄えも良いです。 やり方は簡単で、Acrobat reader でレジュメファイルを開き、印刷メニューから「小冊子」を選択するだけです。 複雑なページ設定は自動でやってくれます。(必要なページだけ選択して出力も可能) 事前にプリンタのプロパティから印刷する用紙サイズを選択しておくと、任意のサイズにできます。(デフォルトはA4)

ファイル形式:

PDFとなりますので、スマホ等でも読むことができます。

 

 

 

 

 

今すぐ始める!

shop66

質問する

faq45

 

facebook

vimala