Vimala塾とは?

Vimala塾とは?

【士業として独立、自由に生きる】 を実践するオンラインスクールです。具体的には、行政書士試験に合格し、独立開業、資格を活かしてやっていくための塾です。  (さらに…)...
Read More
Vimala塾 5月配信状況

Vimala塾 5月配信状況

Vimala塾 5月20日現在の配信状況 *ビジネス関連 自主トライアウトプットプログラム除く 試験対策講座 法学入門 イントロ#1 (民法) 法学入門 イントロ#2 (行政法) 【補講】 法学 超・入門#1 【補講】 法学 超・入門#2 【補講】 法学 超・入門#3 【補講】 民法 物権と債権 入門 民法 総則#1 【補講】 入門 民法 総則#2 入門 民法 物権法Ⅰ(占有権・所有権・用益物権) 入門 民法 物権法Ⅱ(担保物権) 入門 民法 物権法Ⅲ まとめ 入門 民法 債権法Ⅰ(総論) 入門 民法 債権法Ⅱ(契約法) 入門 民法 債権法Ⅲ(不法行為法等) 点を繋ぐ 民法 債権法 (入門) ピンポイント講義 民法 (取消前と取消後の第三者 法的構成) 法的思考力 民法総則 流れで読む#1 (意思の欠缺~瑕疵ある意思表示) 法的思考力 民法総則 流れで読む#2 (代理) 法的思考力 物権法 流れで読む#1 条文解説 民法 (時効取得と占有) 条文解説 民法 (意思表示) 条文解説 民法 (不動産・動産の対抗要件) 法的思考力 債権総論 流れで読む#1 (債務不履行~責任財産の保全) 法的思考力 債権総論 流れで読む#2 (債権譲渡~相殺~保証債務) 法的思考力 契約法 流れで読む#1 (双務契約の牽連性~解除) 法的思考力 契約法 流れで読む#2 (売買~賃貸借~請負) 法的思考力 事務管理 不当利得 流れで読む 法的思考力 不法行為法 流れで読む 入門 民法 家族法 法的思考力 家族法 流れで読む#1 (親族) 法的思考力 家族法 流れで読む#2 (親子) 法的思考力 家族法 流れで読む#3 (相続) 法的思考力 家族法 流れで読む#4 (遺言) 超絶速習マスター 民法総則#1 (意思表示) 超絶速習マスター 民法総則#2 (代理) 超絶速習マスター 民法 物権法#1 (総論) 超絶速習マスター 物権法#2 (担保物権) 超絶速習マスター 債権法総論#1 (債務不履行) 超絶速習マスター 債権法総論#2 (債権譲渡) 超絶速習マスター 民法 債権各論 契約法#1 (総論) 超絶速習マスター 民法 債権各論 契約法#2 (各論) 超絶速習マスター 民法 債権各論 事務管理~不当利得 超絶速習マスター 民法 債権各論 不法行為法 超絶速習マスター 民法 家族法 親族#1 超絶速習マスター 民法 家族法 親族#2 【補講】 入門 民法 まとめ 超・入門 憲法 【補講】 憲法を学ぶ意義とは? 自由の基礎 入門 憲法 基本的人権Ⅰ 入門 憲法 基本的人権Ⅱ 入門 憲法 統治機構Ⅰ 国会 入門 憲法 統治機構Ⅱ 内閣・裁判所 法的思考力 憲法 流れで読む#1#2 (総論~基本的人権) 法的思考力 憲法 流れで読む#3 (統治機構) 判例マスター 憲法#1 ベーシック 判例マスター 憲法#2 基本的人権 入門 行政法総論 入門 行政救済法 憲法 講義#1 総論 法の支配と法治主義 憲法 講義#2 総論 国民主権の原理 憲法 講義#3 基本的人権 憲法 講義#4 基本的人権の限界 憲法 講義#5 包括的人権 13条 憲法 講義#6 法の下の平等 14条 憲法 講義#7 精神的自由Ⅰ 憲法 講義#8 精神的自由Ⅱ 表現の自由 憲法 講義#9 経済的自由|人身の自由 憲法 講義#10 社会権|参政権|国民の義務 憲法 講義#11 統治機構|国会 憲法 講義#12 統治機構|内閣|裁判所 憲法 講義#13 財政 地方自治 憲法保障 行政法総論 ガイダンス|対役所をイメージする 行政法総論 講義#1 法律による行政|信頼保護 行政法総論 講義#2 行政裁量 行政法総論 講義#3 行政機関 行政法総論 講義#4 規範定立 行政法総論 講義#5 行政行為 行政法総論 講義#6 行政強制 行政法総論 講義#7 非権力的行政活動 法的思考力 行政法総論 流れで読む#1 一般規則原理 行政組織 法的思考力 行政法総論 流れで読む#2 規範定立 行政行為 法的思考力 行政法総論 流れで読む#3 行政強制 法的思考力 行政法総論 流れで読む#4 非権力的行政活動 行政法総論 過去問から読み解く#1 一般規則原理 判例集 行政法総論 過去問から読み解く#2 行政組織 行政立法 行政法総論 過去問から読み解く#3 行政行為 行政法総論 過去問から読み解く#4 行政強制 行政法総論 過去問から読み解く#5 取消・撤回 行政契約 超絶速習マスター 行政法総論#1 超絶速習マスター 行政法総論#2 (行政立法 行政行為) 超絶速習マスター 行政法総論#3 (行政強制) 超絶速習マスター 行政法総論#4 (非権力的行政活動) 行政手続法 講義#1 行政手続法 講義#2 行政指導~法改正 法的思考力 行政手続法 流れで読む 行政手続法 過去問から読み解く#1 行政手続法 過去問から読み解く#2 不利益処分 意見公募手続等 改正 行政不服審査法 講義#1 改正 行政不服審査法 講義#2 改正 行政不服審査法 講義#3 本案審理 改正 行政不服審査法 講義#4 行政不服審査会~執行不停止の原則 法的思考力 改正 行政不服審査法 流れで読む 行政事件訴訟法 講義#1 処分性 行政事件訴訟法 講義#2 訴訟要件 行政事件訴訟法 講義#3 取消訴訟の審理 行政事件訴訟法 講義#4 訴訟の終了~その他の抗告訴訟 法的思考力 行政事件訴訟法 流れで読む#1 総論~処分性 法的思考力 行政事件訴訟法 流れで読む#2 原告適格~狭義の訴えの利益 法的思考力 行政事件訴訟法 流れで読む#3 訴訟審理~訴訟の終了 国家賠償法 講義#1 1条賠償 国家賠償法 講義#2 2条賠償 法的思考力 国家賠償法 流れで読む 損失補償制度 講義#1 記述式解説 行政法 (信頼保護) 記述式解説 行政事件訴訟法 (実質的当事者訴訟・判例詳細) アウトプットプログラム 憲法 条文叩き込み 民法 基礎条文 叩き込み 民法 総則 入門 条文叩き込み 民法 物権法 入門 条文叩き込み 民法 債権法 入門 条文叩き込み 1月 オンラインテスト 2月 オンラインテスト#1 2月 オンラインテスト#1 リトライ 14問 2月 オンラインテスト#2 2月 オンラインテスト#2 リトライ 16問 憲法 3月 オンラインテスト#1 3月 オンラインテスト#2 3月 オンラインテスト#2 リトライ 18問 行政法総論 4月 オンラインテスト#1 4月 オンラインテスト#2 行政不服審査法 問題演習 行政事件訴訟法 問題演習 国家賠償法 問題演習 5月 オンライン実力テスト#1  過去問から読み解く 民法 総則 過去問から読み解く#1 (制限行為能力) 民法 総則 過去問から読み解く#2 (制限行為能力者と相手方) 民法 物権法 過去問から読み解く#1 (物権変動) 民法 物権法 過去問から読み解く#2 (物権変動) 民法 物権法 過去問から読み解く#3 (占有権) 民法 債権法 過去問から読み解く#1 (種類債権と特定物債権) 民法 債権法 過去問から読み解く#2 (債権者代位権) 民法 債権法 過去問から読み解く#3 (契約) 民法 家族法 過去問から読み解く#1 (親族・親子) 民法 家族法 過去問から読み解く#1-2 (財産関係 判例) 民法 家族法 過去問から読み解く#2 (親子~嫡出子~認知) 民法 家族法 過去問から読み解く#3 (養子) 民法 家族法 過去問から読み解く#4 (親権) 民法 家族法 相続 過去問から読み解く#1 (欠格事由 代襲相続 特別受益等) 民法 家族法 相続 過去問から読み解く#2 (遺産分割等) 民法 家族法 相続 過去問から読み解く#3 (遺言・遺留分) 【補講】 行政事件訴訟法 過去問から読み解く#1 【補講】 行政事件訴訟法 過去問から読み解く#2 【補講】 国家賠償法 過去問から読み解く#1 【補講】 国家賠償法 過去問から読み解く#2  今年の合格はまだ間に合います! お気軽にお問い合わせください。 #colorbox_main_container_706 .wpsm_panel { margin-bottom: 0px !important; background-color: #ffffff; border:...
Read More
H29 行政書士試験 合格率と所感

H29 行政書士試験 合格率と所感

Vimala塾 本試験合格率66.4%  こんにちは。 代表の岡田です。遅くなりましたが、行政書士試験に合格された方、本当におめでとうございます! Vimala塾では、本試験後に塾生に答案を提出して頂き、個別に採点を行っていますが、その時点で推定合格者が多く、夜中まで喜びの報告が続きました。これまで、Vimala塾の合格率については、質問があればお答えするといった程度で、大々的に発表はしていませんでした。 理由二つあります。 まず、Vimala塾は合格を保証していますので、最終的に合格率は100%となるからです。 そして、塾生とは1年を通じて個人的なお付き合いをしているため、不運にも不合格だった方のことを思うとやはり感情的に「合格率は〇〇%ですー!!」的なことは控えたいという気持ちがあったからです。 しかし、色々と考えた末、今後は発表していくことにしました。  Vimala塾 平成29年 行政書士試験 合格率 66.4% 合格率は66.4%と、行政書士試験の指導校等の中では恐らくトップクラスだと思います。 やっていることの中身・レベルが他校とまるで違うので当然といえば当然なのですが、それにしても四捨五入すると(ちょっと強引かな?)、ほぼ7割が合格ということになり、H29は最も合格率の高い年となりました。 更に詳細なデータを明かしてしまうと、このうち、H29入塾生で、模試・全体課題・個別課題の全てをこなした人だけでいえば、8割近くが合格しています。 当然、塾生各々の日々の努力の結果であることはいうまでもありません。 一方、塾内のシステムに関していえば、2017年からシステムリニューアルしたアウトプットプログラムが合否に影響しているのは間違いないでしょう。 常時自身の取り組み状況や成績が晒され、毎月、ランキングや科目別問題等の正答率まで発表されることは相当のプレッシャーだったと思いますが、確実に結果に繋がりました。もっとも、全体的にも合格率は例年より高かったようで、1月末に発表された行政書士試験研究センターの結果概要によると、全体の合格率は15.7%ということでした。 例年に比べ、合格者数は多くなったわけですが、こういう場合、翌年は絞り込みがかかるというのが一般的なので、今年の試験はひょっとしたら難しいかもしれません。 今後、民法の改正も控えているので、これからの受験生は今年の合格に賭けていかねばなりませんね。  所感と記述式の採点疑義一般知識では妙とも思える問題が一部ありましたが、法令択一は比較的易しかったと思います。 記述式に関しては、特に民法はサービス問題のようなもので、2問とも塾では入門段階で扱うものでした。 これだけ易しい問題が揃うのは稀ですが、その結果、恐らく予想以上に合格ラインを超えた人が多く、曖昧なポイントで調整が入ったように思えます。 どういうことかというと、同じような解答をしている人でも得点数が異なるのです。 もともと、記述式はブラックボックスと言われており、明確な採点基準が明らかにされていません。 なので、最終合格者数の調整弁になっているなどといわれています。 今回、採点途中で予想以上に合格者数が多くなってきたので、途中からいきなり採点基準を厳しくしたのか?と疑いたくなる点がありました。 答案を付き合わせても基準がはっきりしません。 例えば、問44・46はほぼ完璧にできていて、問45の「重過失」を「過失」と記述してしまったケースで、ある人は16点くらい、ある人は、たったの4点くらいとなっています。 これは、採点者に明確な基準が伝えられていなかったのか、途中から基準を変えたのか、採点ミスなのか、、分かりませんが、いずれにしても納得がいきません。採点規準が開示されれば一番良いのですが、たとえそれがダメでも、「基準」は一定じゃないといけないと思います。 国家試験なのですからね。 Aさんが採点したら20点だが、Bさんが採点したら10点というのでは困るわけです。 他の試験では希望すれば後に詳細な採点結果が分かるものもあります。 行政書士試験もそうすべきです。現状、対策としては択一で合格ラインを突破するくらいの気持ちで取り組み、記述はプラスαとして、合格がより確実になる要素くらいに捉えておくのが良いかもしれません。 *引き続きデータを収集しています。 ご協力頂けると幸いです。    ...
Read More
行政書士試験 記述式対策 (民法編)

行政書士試験 記述式対策 (民法編)

行政書士試験 記述式対策 集中講義 民法編 速習DVD 複雑な複合問題に対し法を駆使して解答していく訓練 備えた知識を「どう使うか?」にスポットを当てた記述式対策集中講義です。 これまで学んだ条文や判例の知識の点と点を繋げていきます。複合問題処理の方法 5講義(HD動画)記述式解説 2講義(HD動画)記述式対策 5講義(音声速習)レジュメ(PDF)追加講義DL権・メール質問3回付属法的思考力を磨く集中講義です。初学者には難しいかもしれません。受験経験のある方向けです。複雑な事例問題に対して、法的にどう考えていくかを詳しく解説しています。実際の試験では、これらの一部を切り取った形で出題されます。 参考問題Aは、甲土地の所有者Bを強迫して土地売却に関する委任契約を締結させ、Bの代理人として甲土地をCに売り渡した。Cは土地の値上がりを期待していたが、ただ寝かせておくのももったいないと、駐車場をやりたいというDに当該土地を賃貸することにした。DはCに「自分が甲土地の舗装費用を負担する」ので、これを賃料に代えてくれと申し出たところ、Cは快諾した。その後、Bが強迫を理由に右委任契約を取り消した。この場合、BC・BDの法律関係はどうなるか?  考: 上記事例にいくつの問題(論点)が含まれているでしょうか? ざっと見ただけでも、  所有権はどちらにあるのか?    代理関係    強迫 法行為の取消し → 無権代理    表見代理成立の可否    不当利得について    BはDに土地の明け渡しを請求できるか?    賃借権の有無    Dが舗装したアスファルト部分の処理    BはDに舗装部分の撤去を請求できるか?    DはBに何か請求できるか?などがでてきますよね? これが出てこなかったら法的思考力は皆無ということになります。 あなたがやっている勉強は恐らく単に「文字を追ってるだけ」でしょう。 そろそろ本当の勉強をしませんか?逆に上記がパッとでてきた方は、この教材は必要ありません。     ファイル形式HD動画(WMV)速習音声(MP3)レジュメ(PDF)  お申し込みはこちらから     #colorbox_main_container_706 .wpsm_panel { margin-bottom: 0px !important; background-color: #ffffff; border: 2px solid #ffffff; border-radius: 4px; -webkit-box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); } #colorbox_main_container_706 .wpsm_panel-default > .wpsm_panel-heading { background-color: #ffffff !important; border-color: rgba(0,0,0,0.05); border-top-left-radius: 0px; border-top-right-radius: 0px; text-align:left; } #colorbox_main_container_706 .colorbox_singel_box{ margin-bottom:20px !important; padding-top: 5px; } #colorbox_main_container_706 .wpsm_panel-title{ margin-top: 0 !important; margin-bottom: 0 !important; font-size: 18px !important; color: #000000 !important; font-family: Open Sans !important; word-wrap:break-word; } #colorbox_main_container_706 .wpsm_panel-title span{ font-size: 18px !important; color: #000000 !important; vertical-align: middle; } #colorbox_main_container_706 .wpsm_panel-body{ color: #000000 !important; background-color:#ffffff !important; font-size:16px !important; font-family: Open Sans !important; overflow:hidden; text-align:left} @media (max-width: 992px){ .colorbox_singel_box{ width:50% !important; } } @media (max-width: 786px){ .colorbox_singel_box{ width:100% !important; } } 今すぐ始める! 質問する jQuery(window).load(function(){ jQuery('#colorbox_main_container_706').masonry({ itemSelector: '.colorbox_singel_box', }); });  ...
Read More
2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ 

2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ 

*クリックすると再生します。 問題AはBに対して100万円の売買代金債権を有していたが、同債権については、A・B間で譲渡禁止特約が付されていた。しかし、Aは、特約に違反して、上記100万円の売買代金債権をその弁済期経過後にCに対して譲渡し、その後、Aが、Bに対し、Cに譲渡した旨の通知をした。Bは、その通知があった後直ちに、Aに対し、上記特約違反について抗議しようとしていたところ、Cが上記100万円の売買代金の支払を請求してきた。この場合に、Bは、Cの請求に応じなければならないかについて、民法の規定および判例に照らし、40字程度で記述しなさい。 解答例Cが特約につき善意無重過失ならBは応じる必要があり、Cが(悪意)重過失であれば応じなくてよい。 45字  *どちらからだけ記述でも可だと思われる。(問題文に指示が無い) 例えば、下記のように請求に応じなければならない場合のみ記述しても得点できる。 Cが譲渡禁止の特約につき、善意かつ重無過失なら、BはCの請求に応じなければならない。 42字  譲渡禁止特約違反の効果譲渡禁止特約違反の効果 ⇒ 譲渡は無効 (判例) 物権的効力説但し、善意、無重過失の第三者には特約を対抗できない。(466条2項但書) (債権の譲渡性)第四百六十六条 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。2 前項の規定は、当事者が反対の意思を表示した場合には、適用しない。ただし、その意思表示は、善意の第三者に対抗することができない。    債権総論 レジュメ P.45  一番下  譲渡禁止特約違反の効果のところ。 尚、この問題は、「債権法 流れで読む#2」 「超絶速習 債権総論#2」 の 問5、問6 と全く同じ問題である。   #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel { margin-bottom: 0px !important; background-color: #ffffff; border: 2px solid #ffffff; border-radius: 4px; -webkit-box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-default > .wpsm_panel-heading { background-color: #ffffff !important; border-color: rgba(0,0,0,0.05); border-top-left-radius: 0px; border-top-right-radius: 0px; text-align:left; } #colorbox_main_container_1090 .colorbox_singel_box{ margin-bottom:20px !important; padding-top: 5px; } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-title{ margin-top: 0 !important; margin-bottom: 0 !important; font-size: 18px !important; color: #000000 !important; font-family: Open Sans !important; word-wrap:break-word; } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-title span{ font-size: 18px !important; color: #000000 !important; vertical-align: middle; } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-body{ color: #000000 !important; background-color:#ffffff !important; font-size:16px !important; font-family: Open Sans !important; overflow:hidden; text-align:left} @media (max-width: 992px){ .colorbox_singel_box{ width:50% !important; } } @media (max-width: 786px){ .colorbox_singel_box{ width:100% !important; } } 2018 Vimala塾 facebook jQuery(window).load(function(){ jQuery('#colorbox_main_container_1090').masonry({ itemSelector: '.colorbox_singel_box', }); }); var col = new jColumn(); col.jcolumn('wpsm_panel_default_1090'); ...
Read More
なぜ知識が定着しないのか?

なぜ知識が定着しないのか?

A: 繰り返しが足りないから!では、なぜ足りないのか? → 繰り返しに耐えうるツールを使っていないから。  前提 1日24時間というルールは誰にとっても平等である現実の社会は不公平で溢れていますが、1日が24時間という事実だけは誰にとっても平等です。 ということは、その「限られた時間をどのように使う か?」が、とても重要になってきます。 通常なら2時間かかることを1時間でできてしまえば、その分、あなたの可処分時間は増えるということです。 一言でいえば「有利である」ということです。 (さらに…)...
Read More
なぜ理解できないのか?

なぜ理解できないのか?

A:ビジュアルでイメージができないから文字を追っているだけで、体系も事例もイメージができていからです。 そもそも体系・構造を意識しているか講学上の体系、構造を理解せず、全てを横並びに捉えている場合が少なくない。  (さらに…)...
Read More
民法改正について

民法改正について

民法の一部を改正する法律(債権法改正)について平成29年5月26日,民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)が成立しました(同年6月2日公布)。 今回の改正は,一部の規定を除き,平成32年(2020年)4月1日から施行されます  民法の一部を改正する法律の概要■ 新旧対照条文 【PDF】 ■ 改正の概要 【PDF】 ■ Q&A 【PDF】 ■ 説明資料 - 主な改正事項 【PDF】 -  重要な実質改正事項 【PDF】試験的には、債権法に関する法知識は来年まで有効ということになりますね。 今年、来年は現行法で大丈夫ですが、再来年の受験生はまた色々と知識を入れ替えねばなりません。 今年のうちに合格してしまおう!...
Read More
2018 行政書士 独学合格システム Golden Rule

2018 行政書士 独学合格システム Golden Rule

行政書士試験 独学合格システム Golden Rule シリーズGolden Rule シリーズは行政書士試験独学合格を目指す方のための総合パッケージです。 ベーシック、スタンダード、プレミアムをご用意しています。 自制力、継続力があれば、このセットと市販の過去問集で合格は可能でしょう。 (さらに…)...
Read More