視覚的に理解する

なぜ理解できないのか?

文字を追っているだけで、体系も事例もイメージできていないからです。初学者が陥りやすいのですが、講学上の体系を理解せずに全てを横並びに捉えている場合が少なくありません。

A:ビジュアルでイメージができないから

文字を追っているだけで、体系も事例もイメージができていからです。

そもそも体系・構造を意識しているか

講学上の体系、構造を理解せず、全てを横並びに捉えている場合が少なくない。  

初学者が陥る問題点

例えば、下図を見て下さい。 %e5%a5%91%e7%b4%84%e6%b3%95%e3%80%80%e5%85%a5%e9%96%80%ef%bc%92
これは債権法の中の契約法にスポットを当てた体系図になりますが、これを把握していない受験生が案外多いのです。 上図を見れば分かるように、例えば、物権法と不法行為法は横並び ではありません。 不法行為法は、債権法の中の債権各論の一つです。 全てを横並び一列に捉えて学ぼうとする受験生が少なくないのですが、これでは 「債権各論部分が債権の発生原因となる」 と聞いても、ピンときませんし、その言葉そのものを暗記しようとして応用ができません。

もう少し突っ込んだところでは

下図は担保責任についてです。 上図のうち、債権法>債権各論>契約法>契約各論>担保責任にフォーカスしたものです。 これを理解していないなら、確実に勉強法は間違っています。 今、学習しているところ、問題となっているのは 「どの単元」の「どの部分」かを意識することはとても大事です。
担保責任 体系図
全てを横並びに捉えて学ぼうとすると、「理解」に辿り着くまでとてつもない時間を要します。 単元を体系化し、視覚的に捉えて学ぶ方がすんなり入ってきます。 VLMの教材では、これらの体系・構図は動画講義・レジュメに繰り返し表示されますから、自然と覚え、理解できるようになります。 例えば、「瑕疵担保責任」という問題が、契約の場面で問題になるということは前提中の前提となります。 これが物権の話なのか不法行為の話なのかなどという頓珍漢な理解には絶対になりません。 他にも、留置権と同時履行の抗弁権は似ていますが、体系を把握しているだけで、どっちがどっちか分からなくなる等というようなことは起こり得ません。 (*これらの例は実際に他校で学んでからVimala塾へ入塾された方への最初のテストで実際にあったことです。) 
vimala2018-2

条文・判例の理解は難しい・・だから

  1. 一目で理解できる図解が必要
  2. 体系をビジュアルで捉えること
  3. ちゃんと読めること
コメント2
Vimala Legal Mind が講義の制作を始めた頃、まだハイビジョンの動画講義は多くありませんでした。 一般的な講義では、講師がホワイトボード等を利用して説明しますが、ほとんどの場合、文字が読めない。見にくい。美しくないという問題があります。 なぜハイビジョンが必要だったかというと、VLMの講義は、図解・体系図や条文が動画構成のメインを占めるからです。 そうであれば、講師はモニター上に不要です。 その代わりに、しっかりと体系をビジュアルで表示し、図解を取り入れ、条文を何度も繰り返し表示させることが重要で、これが一気に理解を深めます。 これを最高の状態で提供するためにハイビジョンの必要性があるのであって、単にハイジョンであれば良いというわけではないのです。 特に、講師がテキストを読んでいるだけの講義など、ハイビジョンはおろか、そもそも動画である必要性がないと考えます。 まずは、体系を意識して学習するようにしてください。 何度も受験に失敗している方は、これを意識するだけで、一気に点が繋がっていくということが多いのです。
Vimala塾・VLM速習講義では、これらの問題を全て解決することができます。