判示事項 逃亡犯罪人引渡法35条1項の合憲性 H26

逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条

 

裁判要旨

逃亡犯罪人引渡法35条1項の規定が,同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき,行政手続法第3章の規定の適用を除外し,逃亡犯罪人引渡法10条1項3号の決定がされたのを受けて行われる上記命令の発令手続において改めて当該逃亡犯罪人に弁明の機会を与えることを要しないものとしていることは,憲法31条の法意に反しない。

 

参照法条

 逃亡犯罪人引渡法10条1項3号,逃亡犯罪人引渡法14条1項,逃亡犯罪人引渡法35条1項,行政手続法第3章 不利益処分,憲法31条