Vimala塾とは?

Vimala塾とは?

【士業として独立、自由に生きる】Vimala塾は,行政書士として開業を目的とする人のためのオンライン塾です。ただ単に行政書士試験に合格するだけでなく,合格後に独立開業する人のために特化した塾です。そのため,試験科目のみならず,業務やビジネス関連のことも併せて学びます。そして,行政書士試験に関しては,合格を保証しています。シンプルに言ってしまえば,僕が学生の頃,こんな塾があったらいいのにと思っていたものを形にしたのです。 今や士業のサバイバル競争は熾烈を極めます。試験に合格したというだけではまずやっていけないでしょう。バッジつけて事務所を構えるだけじゃ依頼はこないのです。現に,毎年,いや,毎月相当数の行政書士が廃業に追い込まれています。(もっともこれは特に行政書士の廃業率が特に高いというわけではないのですが。)開業する行政書士の大半は真面目です。試験合格後に業務の研修だけはしっかりやります。しかし,いくら専門書を読みふけって,研修会等に参加してみても,そもそも依頼がなければやっていけません。当然です。業務をスキルアップさせることと,集客は全く異なることだからです。士業の世界ではこんな当たり前のことが忘れ去れている場合が少なくありません。士業といえども,これはビジネスなのです。税法上も個人事業主とされます。事業主です。事業主であれば,ビジネスとして最低限のプロセスは無視できないわけです。Vimala塾では【士業×ビジネス】として,士業をビジネスとして捉えて運営することを提唱しています。 この点,一般的な受験予備校の講師のほとんどは【講師】が仕事ですので,ビジネスについて教えることはできません。事業主としての経験に乏しく,業務もほとんど経験がないからです。マーケティングやブランディングといってもサッパリであることが多いようです。(もっとも,それらに明るければ,雇われ講師などとっと辞めて真に独立しているわけですが。)代表の僕は,現職の特定行政書士であり,法務省入国管理局認証申請取次行政書士であり,ビジネスコンサルタントです。2019年から増えたメンバーも皆現職の行政書士で,日々業務をやっています。ですから,机上の空論ではありません。セミナー屋さんのビジネス蘊蓄ではなく,リアルな現場の話をしますし,ビジネス講義は全て実体験に基づいたものから構成しています。これは,合格後,研修等を経ずに開業できてしまう行政書士にとってかなりのメリットだと思いますよ。 Vimala塾は合格後開業する人に向けたサービスであり,行政書士試験に関しては合格するまでサポートをする塾であり,講師は法学部卒の現職の特定行政書士であるということです。僕はこの塾を本気で運営しています。だから,塾生にも本気で臨んでほしいです。そもそも本気以外の人に対して受験指導をしたくありません。信頼関係を築き,将来何か一緒に仕事ができればよいと考えているのです。実際に,何人もの卒塾生と一緒に仕事をしたり,新しいプロジェクトを立ち上げたりしています。御質問等ありましたら,お気軽にご連絡ください。 Share on facebook Facebook Share on google Google+ Share on twitter Twitter Share on linkedin LinkedIn Share on pinterest Pinterest Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業...
Read More
Vimala塾のサイト構成は?

Vimala塾のサイト構成は?

究極的に使いやすい 美しく使いやすいインターフェース Previous Next 法学体系と同じメニュー構成 これまで,ヘッダーには無数のメニューが並んでいましたが,これを講学上の体系と同じように配置にしました。例えば,「行政法」にマウスポインタを当てると,「行政法論」「行政手続法」「行政救済法」「地方自治法」と自動で表示されます。更に「行政救済法」にマウスポインタを当てると,「行政不服審査法」「行政事件訴訟法」「国家賠償法」が表示されます。同じように,「民法」にマウスポインタを当てると「総則」「物権法」「債権法」「家族法」と表示され,債権法にマウスポインタを当てると,「債権総論」「債権各論」が表示されます。更に,「債権各論」から,「契約法」「事務管理」「不当利得」「不法行為」と分岐します。この「体系メニュー」仕様によって,講学上の体系を自然と覚えることができます。 体系を自然と覚える 体系がサイトメニューに組み込まれているということですつまり,この体系メニューは,以下の体系図をそのままサイトメニューに取り込んだようなものです。このことにより,「債権各論が債権の発生原因」 と聞いてすぐにピンくるし,それは,「契約・事務管理・不当利得・不法行為」 と出てきます。 覚えるとか,暗記するとかではない,「常識化」です。 また,契約法と物権法を同列に考えたりすることもなくなります。  top Vimala塾 2019年1月31日まで新年早期割 ¥249800 ¥ 212,330 行政書士試験合格保証 士業×ビジネスも受講可 質問無制限 入塾申込 公式ショップへ移動します。 最強プラン...
Read More
Vimala塾の講義回数は?

Vimala塾の講義回数は?

Vimala塾 講義概要 [士業として独立 自由に生きる] 以下の内容を約1年間かけて学びます。*途中入塾の場合は、個別にリスケジュールします。 試験対策講座 行政書士試験対策講義 170回程度 ビジネス関連講座 ビジネス関連講座 30回程度 行政書士業務関連 業務関連 10回程度 サポート プライベートライン通知 詳細 試験対策講座 170回程度 行政書士試験対策講義 170回程度行政書士試験に合格するための講義です。 インプット、アウトプット、模試を合せて170回程度となります。超・入門から入門、コア講義、過去問から読み解く、基礎確認テスト、流れで読む速習、超絶速習、ピンポイントマスター等の講義、模試、模試の解説講義等があります。 行政書士試験対策としては必要十分なボリュームとなります。 又、定期的に口述試験を実施し、理解度を確認しています。*上記とは別にハイレベル速習講義[斬]を別途配信しておりますが、自主メニューとして講義数にはカウントしていません。*制限時間付の過去問プログラム・条文トライプログラム・オンラインテストプログラムに関しては随時トライするものですから講義としてカウントしていません。 ビジネス関連講座 30回程度 事業主として最低限のスキルを磨くためのビジネス講座。 30回程度です。ここで身に付けるスキルは行政書士業務以外の場面でも活用できます。 行政書士業務講座 10回程度 ビジネス講座と分ける意味としては、こちらは行政書士であることが条件となる方法論だからです。 巷に溢れる「建設業許可申請業務の方法」とか、「会社設立マニュアル」といった業務マニュアル的なことは扱いません。 これらは会の研修である程度身に付けることも可能です。 ここでは、どのように資格を活かすか?ということにスポットを当てた極めてビジネスライクで実務的な内容となります。 個人的な繋がり 塾生には代表のプライベートラインが通知されますから、直接連絡を取り合うことができます。又、定期的にワークショップ、セミナー、懇談会を開催しています。 塾生は無料で参加できます。 Vimala塾 2019年11月30日まで早期割 ¥250000 ¥ 175,000                   (税別) 11月30日まで早期割 30%OFF 行政書士試験合格保証 士業×ビジネスも受講可 質問無制限 入塾申込 公式ショップへ移動します。 最強プラン Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業...
Read More
Vimala塾 新しい取り組みは? [音声解説]

Vimala塾 新しい取り組みは? [音声解説]

開業を目的とした受験生のため 目指すのは更なる合理化・最高のサービスVimala塾は常に最高のサービスを提供するため、より良くするための方法を模索し、問題を解決することに注力しています。現時点でも他に比較対象が無いほどのメニューではありますが、これに胡坐をかくことなく、以下の内容を追加又はアップデートします。 音声解説 よりダイレクトに繋がる2017年より、新しい機能として「リアルタイム質問」機能を実装していましたが,2019年は,スマホアプリのメッセンジャーを利用し,よりダイレクトに繋がれるようになりました。質問等もすぐにすることができます。問題演習問題演習プログラムの機能を強化しました。問題演習プログラムとは、講義とは別に用意している過去問攻略プログラム・条文叩き込みプログラム等のことをいいます。これらは、ランダムに問題が出題され制限時間内に解答しなければなりません。 結果はアベレージと共に表示されます。 次々に問題を解くことで自身の平均点や偏差値、弱点を知ることができます。 また、これらのデータは個別に蓄積され、これ基に個別指導していきます。2017年には「条文叩き込み」という条文マスター専用の問題演習も追加し、更に強化されたアウトプットプログラムとなっています。 また、2017年からはログインニックネームの設定を義務化し、成績は常に公開されることとなっています。 *2018年11月13日現在、本年の推定合格者数が、このプログラムの成果をはっきり示しています。 (もちろん、塾生本人の努力の賜物ですが)模試とオンラインテストの違い模試は全9回を予定しています。模試は例年6月頃よりはじまります。この頃になると、月に2回の模試と通常の講義が並行し、かなり慌ただしくなってきます。 模試は、本試験と同様の問題数、問題配列で、試験問題もPDF形式で配布し、受験できるのも原則的には指定日の指定時間(本試験と同じ日曜の午後1時~午後4時)のみとなります。(事前に受験できない旨、代替日希望される場合は変更可)一方、オンラインテストは、問題もPDFではなく、オンライン上に表示され、その場で解答していくものです。オンラインテストには課題として出題されるものと任意に取り組むものがあります。このデータも、他のアウトプットプログラム同様にデータとして蓄積されていきます。 Services 速習 条文マスター 心地よいクラシックをBGMに条文を読み上げる「速習 条文マスター」を配信しています。 退屈な条文を気軽に聞き流せるように配慮した速習トラックです。 もちろん、音響スタジオを併設する弊所が製作するものですから、巷に溢れる条文読み上げトラックとは全く異なります。 BGMの制作、音声とのバランス、イコライジング、コンプレッション、音像空間処理まで一貫して、音楽CDクオリティとなっています。 特に就寝時に回せるようにしたミキシングとなっています。 これだけでも相当に価値のあるもので、1年間回せば相当の力になります。 そして、回すことに何の労力も必要ありません。 ただ再生ボタンを押せば良いだけです。 点を繋ぐ・ワークショップ 講義の中に「点を繋ぐ」というシリーズがあります。文字通り,知識の点を点を繋いでいく講義ですが,2019年はこのシリーズと「過去問から読み解く」に力を入れます。これで試験対策は完璧になります。ワークショップ定期的にワークショップを行っていますが、2019年は開催回数を増やそうと考えています。 もちろん、塾生は無料で参加できます。以上が、現時点での新しい機能・取り組みですが、これで終わることはなく、良い方法・良い案があれば、随時導入していきます。 Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業 Vimala塾 2019年1月31日まで新年早期割 ¥249800 ¥ 212,330 行政書士試験合格保証 士業×ビジネスも受講可 質問無制限 入塾申込 公式ショップへ移動します。 最強プラン...
Read More
他の予備校や通信教育の違いは? [音声解説]

他の予備校や通信教育の違いは? [音声解説]

他校との違い 何が違うのか? 音声解説 行政書士試験に関しては、合格を保証している 合格保証というのは,あなたが合格するまでしっかりサポートするということです。一般的な予備校等の場合,不合格だと,再チャレンジ受講等と称して,割安で受講できるシステムがある程度ですが,Vimala塾では,合格するまで責任をもって指導します。 開業を目的とする受験生に特化したサービスである。 Vimala塾は,行政書士として開業される方向けのオンライン塾です。ですから,受験法科目以外にも,個人事業主として必要な最低限のビジネススキルを学ぶことができます。 個人的な繋がりを大切にしている。 Vimala塾では,個人的な繋がりを大切にしています。利益追求型の予備校等とは異なり,過剰な宣伝はしておりません。そもそも,塾生が誰だか分からなくなるほどの人数を募集していません。オンラインのみならず,リアルでのワークショップも年に数回開催しています。また,横の繋がりもできるよう配慮し,将来的に士業の仲間としてやっていけるような関係性の構築に努めています。 Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業...
Read More
年齢的に遅すぎるか?

年齢的に遅すぎるか?

年齢的に遅すぎるか? A : 何事も早くから始めた方が有利です。 でも,遅すぎることなどない。大変光栄なことに,自分よりもずっと年上の方からもよく相談を受けます。 主に年齢に関してのことです。 50代からでも遅くないか? 60代からでも合格できるのか? 等。 答えはYES。 年齢は大きな問題ではありません。 確かに,どんなことでも早くから始めた方が有利に決まっていますが,遅すぎることはないですよ。 断言します。 今から野球選手になろうという話ではないのですから。 ― It's never too late to live your life - このメッセージは,弊所サイトの至る所で目にすると思います。 名刺やパンフレット,教材のジャケット等にも記載があり,一つの信念でもあります。 遅すぎることはない。でも,気付いたなら,そこからは早く始めた方が良いのはいうまでもありません。  相談する 実際の受験生のデータを確認してみましょう。これは平成27年度のデータです。30代,40代は同数。50代と20代もほぼ同数です。 60代以上の受験生も1割弱はいます。 50代と60代で25%を越えますね。つまり,4人に1人は50代以上ということで,50代,60代からの勉強が遅すぎるものではないことがデータからも確認できます。実際に60代の方も塾にはおられますが,成績も良いです。一方で,30代・40代の方でも年齢的なことを気にされる方がおられますが,個人的には,そんなことを考える時点で精神的に追い詰められてのではないか?と心配になります。 全く持って大丈夫。 人生これからです。  4人に1人が50代以上 平成27年データ 優位性 年齢を重ねていることが有利に働くこともあります。例えば,開業するのであれば,若い人より人生経験が豊富な分,スタート時において優位でしょう。士業として独立することを考えると,年齢は信頼性という意味においてもプラスに働きます。特に行政書士は,これまでの経験をいかにクロスさせるかが重要なカギとなってきますので,人生経験が多い程,多方面で有利です。 相談する Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業...
Read More
1日に必要な勉強時間は?

1日に必要な勉強時間は?

A: 毎日2時間程度は確保してほしいです。本当は「時間」で区切るのは難しいです。受験生それぞれ素養や経験が異なるので一概に言えません。ですが,Vimala塾では 「行政書士試験に合格するために,毎日最低2時間程度は勉強時間を確保してください。」と言っています。国家試験を受験するのですから,まずは,これくらいの気合は欲しいです。しかし,実際には仕事をしているとなかなか大変かもしれませんね。でも,何も机に座って,六法を広げて勉強することだけが【勉強】ではありません。通勤・通学の時間や,就寝前,ちょっとしたスキマ時間を活用して,速習講義を聴くだけでも良いのです。それらを含めてトータルで2時間程度あれば良いのです。これだと不可能ではないはずです。  3ヶ月でラクラク合格とか裏ワザはありません。楽して合格したいと考えている人はいませんか? 巷にはいい加減な情報が溢れています。あたかも簡単に試験に合格できるような害悪情報です。実際には,3ヶ月でラクラク合格だとか,合格の裏ワザとか,それらは全て匿名のインチキ情報です。昔から「学問に王道なし」といわれるように,楽して合格する方法などはありません。この手のインチキ情報に惑わされないようにしてください。もちろん,合格するための合理的な方法論はあります。ですが,合理的であることと,楽をするということは全く異なります。 国家資格を取得して開業しようというのですから,少なくとも1年くらいはハードな日々に耐えて頑張っていきましょうよ。Vimala塾で目指すのは本当の法学力であり,行政書士と名乗るに恥じない力です。 もっとも,本試験は法学的に難問揃いなのか?と問われれば,中にはそういう問題もある。というのが正しいと思います。 毎日,最低でも2時間程度は勉強時間を確保しましょう。これができなければ,余程の素養がない限り合格はまず難しいと思います。 Facebook Google+ Twitter LinkedIn Pinterest Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業...
Read More
万が一不合格だった場合は?

万が一不合格だった場合は?

A: 翌年の塾サイト利用,サポートは無料で継続されます。 塾のメニューをきちんとこなしていながら,万が一不合格になった場合,翌年も塾サイトを利用できますし,サポートも継続されます。一般的な予備校のように,際チャンレジと称して別途講義費用を徴収することはありません。追加の費用は一切かからないのです。 もちろん,合格に対して真摯な姿勢が必要です。模試を受けないとか,講義・課題もこなさないまま1年が過ぎ,結果的に不合格となった場合,そこまでは責任を持てません。 確かに,0点でも179点でも不合格は不合格です。 国家試験としての結果は同じですが,受験指導をする側としては,必死に頑張ったけれども運悪く不合格だったという人と,たいして頑張っていなかった人とを同じように評価することは適切ではないと考えます。 むしろ,頑張っていたのに不合格だったという人がいる場合,運営サイドの指導力の問題もあると思います。 この点,一般的な予備校の再チャレンジ受講制度(落ちたら,翌年は割引価格で受講できる)については,個人的に以前から疑問を抱いていました。なぜなら,落ちてくれた方が儲かるという図式なのですから。 そういう意味で,Vimala塾では,しっかり頑張っている塾生に対して最後まで責任を持ってサポートする=合格を保証するということにしているのです。 塾生に合格する意思がある以上,最後まで責任を持ってサポートすることをお約束します。 Facebook Google+ Twitter LinkedIn Pinterest Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業...
Read More
オンラインスクールのメリットは?

オンラインスクールのメリットは?

可処分時間が増大すること Q:オンラインスクールのメリットは? A:あなたの可処分時間が増大することです。 オンラインスクールのメリットは何か?これもよく受ける質問です。色々とメリットはあるのですが,一言でいってしまえば,あなたの可処分時間が増えることでしょう。単純に,通常2時間かかることを1時間でできれば合理的であるということです。 行政書士試験に挑戦しようと決断したら,次にどうやって勉強するかですが,①通学,②通信,③オンライン,④独学,が一般的ですね? ここで考えたいのは,ここまで通信インフラが整った今日において①通学の意味は本当にあるのか?ということです。 通学型予備校のメリットとして,【現場の空気】を挙げる方もおられます。確かに,他の受験生もいる教室では一定の緊張感もあり,それはそれで良い選択かもしれません。 但し,良い選択と正しい選択は全く異なります。 通学型予備校の最大のデメリットは,途中で挫折して辞めてしまうことです。驚きましたか?なんと,凡そ半分の受験生が受験日を迎えることなくリタイアしてしまいます。これでは本末転倒です。結局,出向くのが億劫になるのです。中には,「法律を勉強している自分」「頑張っている自分」を演出するために予備校に通う人も少なくないようです。 オンラインスクールであれば,いつでも,どこからでもアクセスでき,何度でも受講可能です。【通学】という無駄な時間を排除し,【速習】で,いつでも・どこからでも勉強することができます。快適性というのは,とても重要なポイントです。 オンラインスクールにすることで,あなたの可処分時間は結果的に増大します。 他校から乗り換え オンランスクールの方が良かったか? オンラインの方が良かった 98% Marketing 可処分時間の増大を実感できた 86% 入塾前に通学型予備校等で勉強されていた方へのアンケート結果。ほぼ全員が結果的にオンラインの方が良かったと答えています。...
Read More