1日に必要な勉強時間は?

1日に必要な勉強時間は?

A: 毎日2時間程度は確保してほしいです。本当は「時間」で区切るのは難しいです。受験生それぞれ素養や経験が異なるので一概に言えません。ですが,Vimala塾では 「行政書士試験に合格するために,毎日最低2時間程度は勉強時間を確保してください。」と言っています。国家試験を受験するのですから,まずは,これくらいの気合は欲しいです。しかし,実際には仕事をしているとなかなか大変かもしれませんね。でも,何も机に座って,六法を広げて勉強することだけが【勉強】ではありません。通勤・通学の時間や,就寝前,ちょっとしたスキマ時間を活用して,速習講義を聴くだけでも良いのです。それらを含めてトータルで2時間程度あれば良いのです。これだと不可能ではないはずです。  3ヶ月でラクラク合格とか裏ワザはありません。楽して合格したいと考えている人はいませんか? 巷にはいい加減な情報が溢れています。あたかも簡単に試験に合格できるような害悪情報です。実際には,3ヶ月でラクラク合格だとか,合格の裏ワザとか,それらは全て匿名のインチキ情報です。昔から「学問に王道なし」といわれるように,楽して合格する方法などはありません。この手のインチキ情報に惑わされないようにしてください。もちろん,合格するための合理的な方法論はあります。ですが,合理的であることと,楽をするということは全く異なります。 国家資格を取得して開業しようというのですから,少なくとも1年くらいはハードな日々に耐えて頑張っていきましょうよ。Vimala塾で目指すのは本当の法学力であり,行政書士と名乗るに恥じない力です。 もっとも,本試験は法学的に難問揃いなのか?と問われれば,中にはそういう問題もある。というのが正しいと思います。 毎日,最低でも2時間程度は勉強時間を確保しましょう。これができなければ,余程の素養がない限り合格はまず難しいと思います。 Facebook Google+ Twitter LinkedIn Pinterest Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業...
Read More
万が一不合格だった場合は?

万が一不合格だった場合は?

A: 翌年の塾サイト利用,サポートは無料で継続されます。 塾のメニューをきちんとこなしていながら,万が一不合格になった場合,翌年も塾サイトを利用できますし,サポートも継続されます。一般的な予備校のように,際チャンレジと称して別途講義費用を徴収することはありません。追加の費用は一切かからないのです。 もちろん,合格に対して真摯な姿勢が必要です。模試を受けないとか,講義・課題もこなさないまま1年が過ぎ,結果的に不合格となった場合,そこまでは責任を持てません。 確かに,0点でも179点でも不合格は不合格です。 国家試験としての結果は同じですが,受験指導をする側としては,必死に頑張ったけれども運悪く不合格だったという人と,たいして頑張っていなかった人とを同じように評価することは適切ではないと考えます。 むしろ,頑張っていたのに不合格だったという人がいる場合,運営サイドの指導力の問題もあると思います。 この点,一般的な予備校の再チャレンジ受講制度(落ちたら,翌年は割引価格で受講できる)については,個人的に以前から疑問を抱いていました。なぜなら,落ちてくれた方が儲かるという図式なのですから。 そういう意味で,Vimala塾では,しっかり頑張っている塾生に対して最後まで責任を持ってサポートする=合格を保証するということにしているのです。 塾生に合格する意思がある以上,最後まで責任を持ってサポートすることをお約束します。 Facebook Google+ Twitter LinkedIn Pinterest Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業...
Read More
オンラインスクールのメリットは?

オンラインスクールのメリットは?

可処分時間が増大すること Q:オンラインスクールのメリットは? A:あなたの可処分時間が増大することです。 オンラインスクールのメリットは何か?これもよく受ける質問です。色々とメリットはあるのですが,一言でいってしまえば,あなたの可処分時間が増えることでしょう。単純に,通常2時間かかることを1時間でできれば合理的であるということです。 行政書士試験に挑戦しようと決断したら,次にどうやって勉強するかですが,①通学,②通信,③オンライン,④独学,が一般的ですね? ここで考えたいのは,ここまで通信インフラが整った今日において①通学の意味は本当にあるのか?ということです。 通学型予備校のメリットとして,【現場の空気】を挙げる方もおられます。確かに,他の受験生もいる教室では一定の緊張感もあり,それはそれで良い選択かもしれません。 但し,良い選択と正しい選択は全く異なります。 通学型予備校の最大のデメリットは,途中で挫折して辞めてしまうことです。驚きましたか?なんと,凡そ半分の受験生が受験日を迎えることなくリタイアしてしまいます。これでは本末転倒です。結局,出向くのが億劫になるのです。中には,「法律を勉強している自分」「頑張っている自分」を演出するために予備校に通う人も少なくないようです。 オンラインスクールであれば,いつでも,どこからでもアクセスでき,何度でも受講可能です。【通学】という無駄な時間を排除し,【速習】で,いつでも・どこからでも勉強することができます。快適性というのは,とても重要なポイントです。 オンラインスクールにすることで,あなたの可処分時間は結果的に増大します。 他校から乗り換え オンランスクールの方が良かったか? オンラインの方が良かった 98% Marketing 可処分時間の増大を実感できた 86% 入塾前に通学型予備校等で勉強されていた方へのアンケート結果。ほぼ全員が結果的にオンラインの方が良かったと答えています。...
Read More
Vimala塾の更新頻度は?

Vimala塾の更新頻度は?

A:基本的に毎日更新されます Vimala塾のウェブサイトは本ウェブサイトとは別にあり,塾生のみがアクセスできるクローズドサイトです。 基本的には毎日更新となります。 その内容は,行政書士試験対策講義を中心に,ビジネス講義であったり,新しいプログラムであったり,日々のニュースを事業主目線で読んだものであったり,様々です。情報量としてはかなりのもので,当然ながら講義量も相当のものとなります。 毎日更新にもちゃんと理由があります。勉強を習慣化させるためです。運営側からすると,まとめて週に2回更新等の方が遥かに簡単で良いのですが,毎日更新されることにより,塾生も高いモチベーションを維持できます。独学や通学型の予備校では途中退場者が半数を超えるという事実から,やはり毎日更新がベストだと判断しています。 Vimala塾 士業として独立 自由に生きる 入塾する 国家資格者起業...
Read More
士業×ビジネス関連講座について教えてください

士業×ビジネス関連講座について教えてください

廃業する人は最初から決まっている 開業して数年すると、同期のうちの数名が既に廃業していることに気付くでしょう。 (何も行政書士の廃業率が高いというわけではありません。 一般的な営利法人の倒産率の方が遥かに高いのですから。) そこには様々な理由があるとは思いますが、僕は、コンサル業務をしている関係上、廃業しそうな事務所を割と当てることができます。 (さらに…)...
Read More
禁止事項等

禁止事項等

禁止事項(1)Vimala Legal Mind (以下、当塾)の教材および講座で使用する教材(テキスト、DVD等のデジタル教材)を複製することは下記の①②の場合以外できません。 ①申込者本人が学習する目的のために1部のみ複製すること ②申込者本人が学習する目的のために音声のみを複製すること(2)当塾の教材および講座で使用する教材(テキスト、DVD等のデジタル教材、音声ダウンロードを学習用に保存した機器、動画等の配信データ)または、これらを複製したものを他人に販売・贈与・交換する等、他人に譲渡する行為、および他人に貸与する行為(有償・無償を問わない)はできません。(4)当塾の教材および講座で使用する教材(テキスト、DVD等のデジタル教材、音声ダウンロードを学習用に保存した機器、動画等の配信データ)または、これらを複製したものをオークションなどに出品するなどの行為はできません。(5)インターネットクラスにおいて、他の利用者のユーザーIDおよびパスワードを不正に利用すること、および他の利用者に自己のユーザーID・パスワードを不正に利用させることはできません。(6)自己のユーザーID・パスワードを他人に譲渡または貸与し、当塾の講座を受講させることを禁じます。(7)その他、当塾の著作権や商標権等の知的財産権を侵害するおそれのある行為はできません。(8)当塾もしくは第三者を誹謗中傷し名誉もしくは信用を傷つけるような行為、その他塾生に対して迷惑をおよぼす行為はできません。(9)パソコンやインターネットその他の手段によって利用者もしくは第三者の設備または本サービス用設備の利用または運営に支障を与える行為や、本サービスの運営を妨げるような行為、その他法令に違反し、または公序良俗に反する行為はできません。  禁止事項等に違反した場合                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      (1)禁止事項やその他の特約事項に違反する行為をした場合には、退塾処分となる場合があります。退塾処分の場合、塾生としての資格は失います。法務顧問等付随するサービスも終了します。(2)当塾の講座を不正に受講した場合、並びに不正に受講させた場合には、各々損害賠償として、当該講座受講料の2倍の金額を徴収します。(3)その他、禁止事項にあたる行為が法令に違反している場合は、民事上の損害賠償や刑事上の法的手段を講じます。(4)禁止事項の全ての条項はGoldenRuleその他単品教材にも適用されます。             ...
Read More