2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ 

*クリックすると再生します。 問題AはBに対して100万円の売買代金債権を有していたが、同債権については、A・B間で譲渡禁止特約が付されていた。しかし、Aは、特約に違反して、上記100万円の売買代金債権をその弁済期経過後にCに対して譲渡し、その後、Aが、Bに対し、Cに譲渡した旨の通知をした。Bは、その通知があった後直ちに、Aに対し、上記特約違反について抗議しようとしていたところ、Cが上記100万円の売買代金の支払を請求してきた。この場合に、Bは、Cの請求に応じなければならないかについて、民法の規定および判例に照らし、40字程度で記述しなさい。 解答例Cが特約につき善意無重過失ならBは応じる必要があり、Cが(悪意)重過失であれば応じなくてよい。 45字  *どちらからだけ記述でも可だと思われる。(問題文に指示が無い) 例えば、下記のように請求に応じなければならない場合のみ記述しても得点できる。 Cが譲渡禁止の特約につき、善意かつ重無過失なら、BはCの請求に応じなければならない。 42字  譲渡禁止特約違反の効果譲渡禁止特約違反の効果 ⇒ 譲渡は無効 (判例) 物権的効力説但し、善意、無重過失の第三者には特約を対抗できない。(466条2項但書) (債権の譲渡性)第四百六十六条 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。2 前項の規定は、当事者が反対の意思を表示した場合には、適用しない。ただし、その意思表示は、善意の第三者に対抗することができない。    債権総論 レジュメ P.45  一番下  譲渡禁止特約違反の効果のところ。 尚、この問題は、「債権法 流れで読む#2」 「超絶速習 債権総論#2」 の 問5、問6 と全く同じ問題である。   #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel { margin-bottom: 0px !important; background-color: #ffffff; border: 2px solid #ffffff; border-radius: 4px; -webkit-box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-default > .wpsm_panel-heading { background-color: #ffffff !important; border-color: rgba(0,0,0,0.05); border-top-left-radius: 0px; border-top-right-radius: 0px; text-align:left; } #colorbox_main_container_1090 .colorbox_singel_box{ margin-bottom:20px !important; padding-top: 5px; } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-title{ margin-top: 0 … Continue reading 2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ 

平成29年度 行政書士試験 正答例

    平成29年度 行政書士試験 正答例 273.60 KB ダウンロード    平成29年度 本試験関連 平成29年度 行政書士試験 正答例 平成29年度 行政書士試験 一般知識 択一 正解例 一言コメント 平成29年度 行政書士試験 法令 択一 正解例 難易度付 2017 行政書士試験 記述式 46問目 不法行為 724条 2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ  2017 行政書士試験 記述式 44問目 宝塚パチンコ店建設中止命令事件 必ず合格したいなら リーダーボード リアルタイム成績 2018 Vimala塾 新しい取り組みは? 2018 Vimala塾の講義回数は? 他の予備校との違いは? 年齢的に遅すぎるか? 通信教育とオンライン塾の違い 1日に必要な勉強時間は? 万が一不合格だった場合は? 2018 Vimala塾のサイト構成は? Vimala塾とは? #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel { margin-bottom: 0px !important; background-color: #ffffff; border: 2px solid #ffffff; border-radius: 4px; -webkit-box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-default > .wpsm_panel-heading { … Continue reading 平成29年度 行政書士試験 正答例

平成29年度 行政書士試験 一般知識 択一 正解例 一言コメント

問題番号正解   47148 ▲549550 *P2Pがヒント ▲251 ▲▲▲152 〇253 ▲▲▲ ナメた問題354 555 〇 *判決を自由に引用できないのは困る256 〇 肢イについては直前用語解説で扱っています。457 〇558 〇 *簡単だが、分からなくともエ(4)・エ(5) はどちらか選択のルール459 〇 *簡単だが、分からなくとも1漠然・3漠然はどちらから選択のルール → Ⅱで習熟(同じルールをあてはめると錬成は排除される)で答えは出る。160 〇 *単語を合せていくだけ。 ウ→オはまず分かる。 次に 珊瑚 → 魚 → おおきな魚  と単語を合わせていく。3 25:00 時点 〇= 解けて欲しい問題。 6問 ▲ = 間違えても気にしなくて良い問題。▲▲▲ = 相当に難易度の高い問題或いは全く予想外の問題。     2017 行政書士試験 平成29年度 行政書士試験 正答例 平成29年度 行政書士試験 一般知識 択一 正解例 一言コメント 平成29年度 行政書士試験 法令 択一 正解例 難易度付 2017 行政書士試験 記述式 46問目 不法行為 724条 2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ  2017 行政書士試験 記述式 44問目 宝塚パチンコ店建設中止命令事件 必ず合格したいなら リーダーボード リアルタイム成績 2018 Vimala塾 新しい取り組みは? 2018 Vimala塾の講義回数は? 他の予備校との違いは? 年齢的に遅すぎるか? 通信教育とオンライン塾の違い 1日に必要な勉強時間は? 万が一不合格だった場合は? 2018 Vimala塾のサイト構成は? Vimala塾とは? #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel { margin-bottom: 0px !important; background-color: #ffffff; border: 2px solid #ffffff; border-radius: 4px; -webkit-box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-default > .wpsm_panel-heading { background-color: #ffffff !important; … Continue reading 平成29年度 行政書士試験 一般知識 択一 正解例 一言コメント

平成29年度 行政書士試験 法令 択一 正解例 難易度付

問題番号正解肢問題番号正解肢    112132 ▲522434233452455425 ▲▲▲ 56 ▲▲▲126272274832839329210330311531512332313433514134415135216436217137 218138 ▲219539 1202404 41ア- 20   イ-17       ウ-9      エ-19  (*エのみ▲▲▲)42ア- 6      イ-9       ウ-3        エ-1343ア- 11     イ-6        ウ-10      エ-20 22:50 時点 ▲ = 間違えても気にしなくて良い問題。▲▲▲ = 隅から隅まで勉強しても解けなかった問題か、相当に難易度の高い問題。これ以外は、聞いたことも見たこともないという問題はなかったはずです。 (Vimala塾)     2017 行政書士試験 平成29年度 行政書士試験 正答例 平成29年度 行政書士試験 一般知識 択一 正解例 一言コメント 平成29年度 行政書士試験 法令 択一 正解例 難易度付 2017 行政書士試験 記述式 46問目 不法行為 724条 2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ  2017 行政書士試験 記述式 44問目 宝塚パチンコ店建設中止命令事件 必ず合格したいなら リーダーボード リアルタイム成績 2018 Vimala塾 新しい取り組みは? 2018 Vimala塾の講義回数は? 他の予備校との違いは? 年齢的に遅すぎるか? 通信教育とオンライン塾の違い 1日に必要な勉強時間は? 万が一不合格だった場合は? 2018 Vimala塾のサイト構成は? Vimala塾とは? #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel { margin-bottom: 0px !important; background-color: #ffffff; border: 2px solid #ffffff; border-radius: 4px; -webkit-box-shadow: 0 0 20px … Continue reading 平成29年度 行政書士試験 法令 択一 正解例 難易度付

2017 行政書士試験 記述式 46問目 不法行為 724条

最もシンプルな条文問題。 解答例損害及び加害者を知った時から三年間行使しないとき、不法行為の時から二十年を経過したとき。 44字   (不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)第七百二十四条  不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。 債権各論 レジュメ P.111  2017 行政書士試験 平成29年度 行政書士試験 正答例 平成29年度 行政書士試験 一般知識 択一 正解例 一言コメント 平成29年度 行政書士試験 法令 択一 正解例 難易度付 2017 行政書士試験 記述式 46問目 不法行為 724条 2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ  2017 行政書士試験 記述式 44問目 宝塚パチンコ店建設中止命令事件 必ず合格したいなら リーダーボード リアルタイム成績 2018 Vimala塾 新しい取り組みは? 2018 Vimala塾の講義回数は? 他の予備校との違いは? 年齢的に遅すぎるか? 通信教育とオンライン塾の違い 1日に必要な勉強時間は? 万が一不合格だった場合は? 2018 Vimala塾のサイト構成は? Vimala塾とは? #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel { margin-bottom: 0px !important; background-color: #ffffff; border: 2px solid #ffffff; border-radius: 4px; -webkit-box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-default > .wpsm_panel-heading { background-color: #ffffff !important; … Continue reading 2017 行政書士試験 記述式 46問目 不法行為 724条

2017 行政書士試験 記述式 44問目 宝塚パチンコ店建設中止命令事件

問題A市は、市内へのパチンコ店の出店を規制するため、同市内のほぼ全域を出店禁止区域とする条例を制定した。しかし、事業者Yは、この条例は国の法令に抵触するなどと主張して、禁止区域内でのパチンコ店の建設に着手した。これに対して、A市は、同条例に基づき市長名で建設の中止命令を発したが、これをYが無視して建設を続行しているため、A市は、Yを被告として建設の中止を求める訴訟を提起した。最高裁判所の判例によれば、こうした訴訟は、どのような立場でA市が提起したものであるとされ、また、どのような理由で、どのような判決がなされるべきこととなるか。40字程度で記述しなさい。  解答例専ら行政権の主体として国民に義務を求める訴訟であり、法律上の争訟にあたらず却下判決となる。  (45字) 専ら行政権の主体として国民に義務を求める訴訟であり、法律上の争訟にあたらず、却下となる。 (44字)    国又は地方公共団体が専ら行政権の主体として国民に対して行政上の義務の履行を求める訴訟は、法規の適用の適正ないし一般公益の保護を目的とするものであって、自己の権利利益の保護救済を目的とするものということはできないから、法律上の争訟として当然に裁判所の審判の対象となるものではなく、法律に特別の規定がある場合に限り、提起することが許される。(宝塚パチンコ規制事件) 建築工事続行禁止請求事件 (宝塚パチンコ店建設中止命令事件) 平成14年判示事項1 国又は地方公共団体が専ら行政権の主体として国民に対して行政上の義務の履行を求める訴訟の適否 2 地方公共団体が建築工事の中止命令の名あて人に対して同工事を続行してはならない旨の裁判を求める訴えが不適法とされた事例 裁判要旨1 国又は地方公共団体が専ら行政権の主体として国民に対して行政上の義務の履行を求める訴訟は,不適法である。 2 宝塚市が,宝塚市パチンコ店等,ゲームセンター及びラブホテルの建築等の規制に関する条例(昭和58年宝塚市条例第19号)8条に基づき同市長が発した建築工事の中止命令の名あて人に対し,同工事を続行してはならない旨の裁判を求める訴えは,不適法である。 参照法条裁判所法3条,行政代執行法1条,宝塚市パチンコ店等,ゲームセンター及びラブホテルの建築等の規制に関する条例(昭和58年宝塚市条例第19号)8条  行政法総論 レジュメ P.104 ,141行政法総論 行政強制 代執行   #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel { margin-bottom: 0px !important; background-color: #ffffff; border: 2px solid #ffffff; border-radius: 4px; -webkit-box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); box-shadow: 0 0 20px rgba(0,0,0,.2); } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-default > .wpsm_panel-heading { background-color: #ffffff !important; border-color: rgba(0,0,0,0.05); border-top-left-radius: 0px; border-top-right-radius: 0px; text-align:left; } #colorbox_main_container_1090 .colorbox_singel_box{ margin-bottom:20px !important; padding-top: 5px; } #colorbox_main_container_1090 .wpsm_panel-title{ margin-top: … Continue reading 2017 行政書士試験 記述式 44問目 宝塚パチンコ店建設中止命令事件