士業×ビジネス関連講座について教えてください

士業×ビジネス関連講座について教えてください

廃業する人は最初から決まっている 開業して数年すると、同期のうちの数名が既に廃業していることに気付くでしょう。 (何も行政書士の廃業率が高いというわけではありません。 一般的な営利法人の倒産率の方が遥かに高いのですから。) そこには様々な理由があるとは思いますが、僕は、コンサル業務をしている関係上、廃業しそうな事務所を割と当てることができます。 (さらに…)...
Read More
判例 民法900条4号但書前段の規定と憲法14条1項

判例 民法900条4号但書前段の規定と憲法14条1項

判示事項 婚外子差別規定違憲決定 (非嫡出子の相続分)1 民法900条4号ただし書前段の規定と憲法14条1項 2 民法900条4号ただし書前段の規定を違憲とする最高裁判所の判断が他の相続における上記規定を前提とした法律関係に及ぼす影響 裁判要旨1 民法900条4号ただし書前段の規定は,遅くとも平成13年7月当時において,憲法14条1項に違反していた。 2 民法900条4号ただし書前段の規定が遅くとも平成13年7月当時において憲法14条1項に違反していたとする最高裁判所の判断は,上記当時から同判断時までの間に開始された他の相続につき,同号ただし書前段の規定を前提としてされた遺産の分割の審判その他の裁判,遺産の分割の協議その他の合意等により確定的なものとなった法律関係に影響を及ぼすものではない。 (1,2につき補足意見がある。) 参照法条 (1,2につき)憲法14条1項,民法900条 (2につき)憲法81条  *900条4号但書は改正された。判例情報判例 戸籍法49条2項1号と憲法14条 判例 民法900条4号但書前段の規定と憲法14条1項 判例 国籍保留制度の合憲性 ...
Read More
判例 国籍留保制度の合憲性

判例 国籍留保制度の合憲性

判示事項 国籍留保制度の合憲性 平成27年 国籍法12条と憲法14条1項 裁判要旨 国籍法12条は,憲法14条1項に違反しない。 参照法条 憲法14条1項,国籍法12条,国籍法17条1項,国籍法17条3項,戸籍法104条 国籍法第十二条  出生により外国の国籍を取得した日本国民で国外で生まれたものは、戸籍法 (昭和二十二年法律第二百二十四号)の定めるところにより日本の国籍を留保する意思を表示しなければ、その出生の時にさかのぼつて日本の国籍を失う。 判例情報判例 行政法 水俣病の認定の申請を棄却する処分の取消訴訟 判例 行政法 行政手続法12条1項の処分基準の法的効果 判例 神奈川県臨時特例企業税通知処分取消等請求事件 判例 選挙無効事件 (憲81条) 判例 衆議院の選挙区割りを定める公職選挙法3条1項合憲性 ...
Read More
禁止事項等

禁止事項等

禁止事項(1)Vimala Legal Mind (以下、当塾)の教材および講座で使用する教材(テキスト、DVD等のデジタル教材)を複製することは下記の①②の場合以外できません。 ①申込者本人が学習する目的のために1部のみ複製すること ②申込者本人が学習する目的のために音声のみを複製すること(2)当塾の教材および講座で使用する教材(テキスト、DVD等のデジタル教材、音声ダウンロードを学習用に保存した機器、動画等の配信データ)または、これらを複製したものを他人に販売・贈与・交換する等、他人に譲渡する行為、および他人に貸与する行為(有償・無償を問わない)はできません。(4)当塾の教材および講座で使用する教材(テキスト、DVD等のデジタル教材、音声ダウンロードを学習用に保存した機器、動画等の配信データ)または、これらを複製したものをオークションなどに出品するなどの行為はできません。(5)インターネットクラスにおいて、他の利用者のユーザーIDおよびパスワードを不正に利用すること、および他の利用者に自己のユーザーID・パスワードを不正に利用させることはできません。(6)自己のユーザーID・パスワードを他人に譲渡または貸与し、当塾の講座を受講させることを禁じます。(7)その他、当塾の著作権や商標権等の知的財産権を侵害するおそれのある行為はできません。(8)当塾もしくは第三者を誹謗中傷し名誉もしくは信用を傷つけるような行為、その他塾生に対して迷惑をおよぼす行為はできません。(9)パソコンやインターネットその他の手段によって利用者もしくは第三者の設備または本サービス用設備の利用または運営に支障を与える行為や、本サービスの運営を妨げるような行為、その他法令に違反し、または公序良俗に反する行為はできません。  禁止事項等に違反した場合                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      (1)禁止事項やその他の特約事項に違反する行為をした場合には、退塾処分となる場合があります。退塾処分の場合、塾生としての資格は失います。法務顧問等付随するサービスも終了します。(2)当塾の講座を不正に受講した場合、並びに不正に受講させた場合には、各々損害賠償として、当該講座受講料の2倍の金額を徴収します。(3)その他、禁止事項にあたる行為が法令に違反している場合は、民事上の損害賠償や刑事上の法的手段を講じます。(4)禁止事項の全ての条項はGoldenRuleその他単品教材にも適用されます。             ...
Read More