運営

全ては受験生の立場から

学生時代、僕は司法試験の予備校に通っていました。 週に3回、学校での授業の後に更に法律の勉強があったわけです。 予備校の方がペースが早いので、おかげで学校の授業の予習にもなっていました。 しかし、苦痛に感じる点も少なくありませんでした。 問題は以下の点です。

  • 講義に無駄が多い
  • 時間を拘束され、自由なスケジュールが組みにくい
  • 構造・体系がいまいちよくわからないことがある
  • いきなり論点から入る 条文とかけ離れた講義
  • アウトプットメニューが足りない
  • 個別の質問に対応していない或いは制限がある

これらの原因は全て予備校運営の合理化のためであって、受験生のための合理化ではありません。 行政書士試験であっても、実際に予備校等に通われた経験のある方であればお分かり頂けると思います。 VLMでは、これらの問題を全て解決します。