2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ 

2017 行政書士試験 記述式 45問目 債権譲渡 466条Ⅱ 

*クリックすると再生します。

 

問題

AはBに対して100万円の売買代金債権を有していたが、同債権については、A・B間で譲渡禁止特約が付されていた。しかし、Aは、特約に違反して、上記100万円の売買代金債権をその弁済期経過後にCに対して譲渡し、その後、Aが、Bに対し、Cに譲渡した旨の通知をした。Bは、その通知があった後直ちに、Aに対し、上記特約違反について抗議しようとしていたところ、Cが上記100万円の売買代金の支払を請求してきた。この場合に、Bは、Cの請求に応じなければならないかについて、民法の規定および判例に照らし、40字程度で記述しなさい。

 

解答例

Cが特約につき善意無重過失ならBは応じる必要があり、Cが(悪意)重過失であれば応じなくてよい。 45字 

 

*どちらからだけ記述でも可だと思われる。(問題文に指示が無い) 例えば、下記のように請求に応じなければならない場合のみ記述しても得点できる。

 

Cが譲渡禁止の特約につき、善意かつ重無過失なら、BはCの請求に応じなければならない。 42字

 

 

譲渡禁止特約違反の効果

譲渡禁止特約違反の効果 ⇒ 譲渡は無効 (判例) 物権的効力説

但し、善意、無重過失の第三者には特約を対抗できない。(466条2項但書)

 

(債権の譲渡性)

第四百六十六条 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
2 前項の規定は、当事者が反対の意思を表示した場合には、適用しない。ただし、その意思表示は、善意の第三者に対抗することができない。
 
 
 
 
  • 債権総論 レジュメ P.45  一番下  譲渡禁止特約違反の効果のところ。
  •  尚、この問題は、「債権法 流れで読む#2」 「超絶速習 債権総論#2」 の 問5、問6 と全く同じ問題である。

 

 

[WPSM_COLORBOX id=1090]