*クリックすると再生します。

 

行政書士試験 物権法 過去問から読み解く#1

物権変動、177条の第三者などを整理します。

 

 

登記を対抗要件とする物権変動

 

177条の第三者 = 当事者及びその包括承継人以外の者で、登記の欠缺を主張する正当の利益を有する者

 

  • (悪意を含む二重譲渡の当事者) = 第三者にあたる
  • (不法占拠者、背信的悪意者、承継取得の場合は177条の第三者にあたらない)

 

 

 

 

ベース問題

物権変動に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。

 

 

ア、A所有の甲地につきBの取得時効が完成した後に、Aが甲地をCに譲渡した場合、Bは登記なくしてCに対抗できる。
イ、A所有の甲地がBに譲渡され、さらにAB間の譲渡の事実を知っているCに譲渡されてCに所有権移転登記がされた場合、Bは登記なくしてCに対抗することができる。
ウ、A所有の甲地がBに売却され、さらに善意のCに売却された後、AB間の売買契約が詐欺を理由に取り消された場合、Aは登記なくしてCに取消しを対抗することができる。
エ、A所有の甲地がBに譲渡されたが甲地には賃借人Cがいた場合、Bは登記なくしてCに対抗することができる。
オ、A所有の甲地がBに譲渡されたが甲地には不法占拠者Cがいた場合、Bは登記なくしてCに対抗することができる。

 

 

  1. 一つ
  2. 二つ
  3. 三つ
  4. 四つ
  5. 五つ

 

 

 

 

正解:1

 

 

今すぐ始める

shop66

質問する

faq45